タイ古式通信バックナンバー

前号でお知らせ致しましたように、サブチーフセラピストFARは本日元気に
タイ国での研修旅行に出発いたしました。2月からは現地からのレポート
を「セラピストFARさんがぁ〜 タイ古式の本場チェンマイを行くゥ〜」(世界
ウルルン旅行記のナレーション風に・・)として特設コーナーを設け3ヶ月間
お伝えしていく予定です。乞う御期待!


★☆★☆★☆★☆★☆                  2008.01.21
☆★☆
     <<アナタの健康を守る週刊タイ古式通信>>

      
       【肩こりなのにドーして足の部分に時間をかけるの?
           −お客様からの疑問にお答えします。】

                                  ☆★☆
                           ★☆★☆★☆★☆★☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ((∞))
((((( 彡)
)∂ ∂ 6)
( ▽__ノ
/ ̄V/  ̄ヽ
 ̄|⊃⊂| ̄|
ノ■■人 |

{愛の訪問日記}今週のニューリリースは【FARさんが元気に恵比寿駅から出発しました】です。

今年もOKいただいた会員様の施術風景をどしどし愛のブログでかかせていただ
きますよ。セラピスト愛の訪問日記2008年も宜しくお願い致します。

http://yaplog.jp/emassage

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ある会員様から肩こりなのに何故足の部分に時間をかけるの?と言う御質問
がありました。勿論これには理由があります。タイ古式では体質を根本から
改善しようと言う考えに基づいていることが大きな理由です。

自律神経やストレスなど総てのつぼが足の部分に集中していることは科学的にも
証明されており人体を全体で捉えた療術法である東洋医学に基づいたタイ古式マッ
サージは、基本的には患部を直接施術する必要がないマッサージ法といえるのです。

ただし当連盟の施術方針としては、一刻も早い症状緩和を図るため時間の許す限り、
タイ古式の本来の療術精神に加え、必要に応じて患部への直接療法も併用することもあります。


○【プーケの休日】サブチーフセラピストFarを今月21日より4月20日までタイはチェン
マイのマッサージスクールに派遣いたすこととなりました。
この期間セラピストFarのファンの皆様のご指名いただけませんがご了承下さい。

今回のサブチーフセラピストFarの派遣目的は、観光マッサージスクールではないスクールで、
ゴルフに例えるとちょうどトーナメントプロがプロの為のレッスンプロにつくようなもので
プロの技を更に磨くのが一つの目的であり更に、NPOの設立目的であるタイ国との交流
の一環として、タイ国の、特にチェンマイのタイマッサージ業界調査の目的も帯びております。

サブチーフセラピストFARのプロフィールはコチラから>>>
http://yaplog.jp/emassage/daily/200709/08/



○今日からの一週間もあなたのご健康をタイマッサージで増進してください。
ご予約のお電話お待ちしております。

*会員特典ご利用後の、メール受信返上や拒否、解除は御容赦下さい。(^τ^)

NPO法人日本タイマッサージ連盟 
//////////////////////////////////////////////////////////////// 

【週刊タイ古式通信】は、このお知らせメールを受信することをご了承されて会員登録されたお客様、お取引先、マスコミ関係者、当店サポーター、ウオッチャー、並びに社員とその家族に原則週一回配信されます。
【週刊タイ古式通信】でお知らせする特典やキャンペーン、プレゼント等は会員様のみご利用いただけます。
ご了承下さい。

<<バックナンバー一覧へ戻る

↑TOPへ戻る