タイ古式通信バックナンバー

森田医学博士はタイマッサージファンであり、当店のご利用者(ユーザー)であり
当店のご利用者代表としてウエブサイトに御推薦のお言葉を寄せられて
おります。その森田医博から先日、先生のタイマッサージへの熱き思いを語ら
れたお便り(Eメール)を頂きました。先生のご了解を頂き、全文公開させ
ていただきます。
===============================================================
□■□
■□■ 週刊タイ古式通信[森田医学博士からのお便りー先生のタイマッサージ
□■□            への熱き思い一挙掲載]
□■□                        2007.11.22
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
⌒ \
))))))/ ̄ ̄/
б б/____//
" ▽ )三三/
         セラピスト愛です。今週の愛のブログは   
   「英語版HP開設いたしました!」がニューリリースされました。
 
      今後はお客様の施術風景もたくさん書いていく予定です。
      アナタのお話もきっと出てきますよ!請う、御期待!
      それと今週施術を受けたお客様。掲示板見てください。 
       セラピスト愛のブログ URL: http://yaplog.jp/emassage/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
店長様、愛様、スタッフ一同様。

昨年末に、タイ式とお逢いし、それまでの15年あまりにおよび指圧(いわゆる筋肉
の圧挫?)をうけていた私は、いろいろと思うことがありました。指圧は、そのとき
だけの凝りの解消にはなるものの、翌日そして長期的な意味では、かならずしも健康
増進にならないと思い、タイ式こそが、わたしのような凝りのつよく、運動不足な状
況にとって最もふさわしいものだと認識した次第です。

その後、タイ式との出会いをきっかけとして、家内や知人のススメで、ヨガのプライ
ベートレッスンを受けるようになり、必死になりながら、筋肉痛などとも戦い6ヶ月
がんばりました。あらためて、筋肉、ストレッチの重要性、からだの大事さを痛感し
た半年あまりでした。

  ただし、疲労感の強いときや、凝りがつよいときは、ヨガでは苦痛や疲労が多すぎ
ることを最近認識しつつ、再度、タイ式で、御世話になろうと思いつつあり、土曜日
は大変御世話になりました。あれだけ凝り固まっていたからだを、まるで、知恵の輪
をはずすようにやわらかくしてくれたことには、感銘、脱帽です。ストレッチ効果や
筋肉に対する処置法の違いに関して、様々な想いをいだきました。勉強にもなりまし
た。

土曜日、久しぶりに受けた感想としては、やはり、私のような、運動不足、そして、
疲労感のつよく、肩こりのつよい体質に対しては、ヨガもいいが、ヨガとタイ式の
コンビネーションがふさわしいと認識いたしました。

巧みなストレッチにより、翌日に味わう、凝りが解消されたスッキリ感は、他では味
わえないものだと改めて確信した次第です。

私も15年余り、国内、国外で、様々な指圧や、マッサージ、スパなどを受けてきま
したが、日本においてまだ、つよい指圧やマッサージが好まれる状況は、日本人がい
わゆる『痛、気持ちいい』程度の指圧でないと、その場の満足感が少ないからだと思
います。たとえば、ラクーアなどに行けば、タイ式にかかる人もおりますが、浅草の
ロックスビル内にある祭り湯では、タイ式はまだ人気がないということは残念ですね
。タイ式は、まさしく、一ランク上の質の高く、体や健康に主眼をおいた洗練された
治療法と位置づけられると思います。その場の快楽よりも、長期の筋肉ケア、肩こり
を考えると、指圧なんかよりもタイ式がよいことは、理論的にも経験的にも私が身を
もって体験しております。

職業上、からだを診る立場にありますので、医師のたちばから、このタイ式のすばら
しさを、微力ながら啓蒙させていただき、一人でも多くの人の肩こり解消、運動不足
解消、そして幸せ増進に貢献できればとも思います。そして、指圧やマッサージでは
なく、これからはタイ式の時代であると主張したいとも思っております。

私のホームページへのリンクの件は、大変ありがたく思います。いくつかホームペー
ジはありますが、、http://www007.upp.so-net.ne.jp/morita/ のみがメインのホー
ムページです。ただし、無理をなさらず、貴社の必要に応じて御利用いただければ幸
いです。私の気持ちとしては、ただこのタイ式で救われる人が多くなる一助となれば
と思うだけで、自分を売り込む気持ちはあまりありません。その点をご考慮の上、ホ
ームページの方は、お任せいたします。

また、多くのtherapistたちが集まってきたとのこと、とても嬉しく思います。
また2人の施術師による治療も開始されたとのことで、機会があれば、お願いしたい
と思っています。

今後とも宜しくお願い申し上げます。

愛様、そして、昨日の担当者にもよろしくお伝えください。


******************************

板橋中央総合病院産婦人科部長

臍帯血保管サービスメディカルディレクター

根津・谷中レディースクリニック院長

医学博士: 森田 豊

http://www007.upp.so-net.ne.jp/morita/

http://www.obgyn.net/mrgfus-japanese/ (FUSの紹介動画)

http://www.saitaiketsu.com/ (臍帯血保管の動画)

Yutaka Morita, M.D., Ph.D.

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

【週刊タイ古式通信】は、このお知らせメールを受信することをご了承されて会員登録されたお客様、お取引先、マスコミ関係者、当店サポーター、ウオッチャー、並びに社員とその家族に原則週一回配信されます。
【週刊タイ古式通信】でお知らせする特典やキャンペーン、プレゼント等は会員様のみご利用いただけます。
ご了承下さい。

<<バックナンバー一覧へ戻る

↑TOPへ戻る