理事長 田中 朗


【日本タイマッサージ連盟】は2500年の歴史を誇るタイマッサージを、国民の皆様の健康維持・増進のため、@普及・啓発及び施術に関する事業や、Aタイマッサージの講習会の開催、Bタイ国との国際交流事業等で2007年度内閣総理大臣認証を受けたNPO法人です。

当連盟に勤務するセラピストには、有給ボランティアスタッフという確固たる社会的地位が与えられます。


生かしてみませんか。貴女の技術を日本国民の皆様の健康増進と幸福の為に!

今こそ思い出してもらいたいのです。
貴女がマッサージセラピストになろうと決意したときのことを・・・

マッサージ技術をマスターするまで長い時間と大変高額な学費を負担したハズです。
かけた時間と高額な学費は取り戻しましたか?

話は変わりますが、例えば、新宿を行く雑踏の中で石を投げれば、必ず病気未満の方々、悪く言えば半病人の人に当たると言われています。中高年の方々は二つや、三つの持病を持っているのが当たり前の現実です。公的健康保険の破綻が言われてからもうずいぶんの時間がたちました。

日本は世界一の長寿国になったといっても、高齢者で介護を受けずに人生を楽しんでいる方、寝たきりになっていない方はどの位いらっしゃるでしょうか?

貴女が長い時間と高額な学費をかけて得たマッサージ技術です。本当にその技術を生かすフィールドに貴女はいられるでしょうか?

【日本タイマッサージ連盟】は2500年の歴史を誇るタイマッサージを、国民の皆様の健康維持・増進のため、@普及・啓発及び施術に関する事業や、Aタイマッサージの講習会の開催、Bタイ国との国際交流事業等で2007年度内閣総理大臣認証を受けたNPO法人です。

癒しの心は奉仕の心です。
生かしてみませんか、貴女の持てる技術を、一介の店舗の為とかではなく、もっと大きな目的の為に。日本国民の皆様の健康増進と幸福の為に・・・ そうしたら生活に必要かつ十分な収入は黙っていてもついてくるでしょう。

これからの時代は店舗型より派遣型が理にかなった普及法です!

店舗型のタイマッサージ店は、店舗数が余りに増えすぎたため既に飽和状態です。そのため、一店舗あたりの客数がドンドン減っていっている現状があり廃業する店、セラピストが出始めております。

ブームだから儲かるからと安易に開業した店主、マッサージ師をそろえるためタイで一週間だけの研修でセラピストと名乗る未熟な者を雇い、当然お客様には失望感を与えてしまうのですから当然の結果、ツケが回ってきたのでしょう。

また、タイ古式マッサージを謳いながら風俗店であるケースなど世間に誤解と混乱を与える結果となっており、正しいタイマッサージの普及の障壁となっているケースもあります。

当店では「江川ひろしの生き方・話し方教室」の元講師の理事長が主となって充実の研修制度が確立されており、接客のマナー・出張形態のマッサージ法・一般常識などを伝授しますので、出張形態のマッサージが始めての方でも何の不安なくお仕事できるよう配慮されております。(研修は全入店者の受講必須)世間では技術講習会は頻繁に開かれておりますが、接客や大人の常識、マナーなど教えてくれるマッサージ関係者は皆無ですし、技術さえ向上すればよいマッサージ師だと思っている風潮さえあります。

はっきり申し上げて、これは大いなる誤解と勘違いです。相手のお体に触れ、しかも癒しを、満足を与えなければならないマッサージ師は技術も含め全人格的なものを求められる大変な、しかも相手に満足を与えることが出来た時、これほどやりがいのあるお仕事も少ないでしょう。マッサージの技量が同じなら、感じの良いセラピストの方がお客様に満足して頂けるのは容易に想像が付くでしょう。

これからの時代は、こちらからお客様の所へ出かけていってタイマッサージの施術を行うのが理にかなった正しい普及方法なのです。超多忙の為、あるいは深夜勤務のため、あるいは外出が出来ないため、等等の理由で店舗を訪れることがかなわず、タイマッサージの恩恵をまだ受けたことの無い方々が、単純計算で大人の全国民から店舗を訪れることのできる人々を差し引いただけいらっしゃるわけです。無論この数の中には、まだタイマッサージの存在自体をご存じない方々も含まれております。いずれにせよ、手付かずの普及対象が洋々と目前に広がっているのですから・・・知らない分野に飛び込むのはだれしも不安なものです。出張形態の施術と言うのは例えていうなら貴女が一流ホテルに投宿した際、お部屋からホテル付きのマッサージさんを呼ぶようなもの・・とお考えいただければイメージがわくのではないでしょうか。

せっかく身につけた貴女のスキルを新しい分野で十二分に生かしてください。

理事長の人となりはコチラ>>

次に該当する方は趣向が違うので、ご応募ご遠慮ください。

@本当は風俗サービスがあると思われている方

A温浴施設内のタイ古式店での勤務が長い方。

B兼業はOKですが、他店で早番をやって同じ日に遅番を当店でやろうと考えている方。
(同一日に他店とかけ持ちする事はご遠慮頂いております。)

↑TOPへ戻る